ダッシュテーション

カフェとダンスとオタ活と。まるで想像しなかった30代を過ごしている独身㊛のブログです。

言葉は人をつくる:アナウンサー 藤井貴彦さん

こんにちは、コミンです。

 

日本テレビ系情報番組「news every.」での藤井貴彦アナウンサーのアナウンスが話題になっていますね。

生放送番組ですので、編集することもできませんし、時間制限もあります。

また様々な立場の人たちが視聴する全国放送ということにも配慮されたうえで、しっかりとメッセージを伝えられるアナウンサー。さすがです。

言葉そのものの力も強いのですが、聞き取りやすい話し方、声の大きさなどアナウンサーの技術が加わって、耳と心に深く残るアナウンスです。

 

 

 

 

 

 

 

放送後、たくさんの視聴者がその言葉に励まされたり、勇気づけられています。

そして藤井アナウンサーの人柄を称えるコメントもたくさん寄せられています。

 

これを見ていて、【言葉は人をつくる】ということを思い出しました。

そこには二つの側面がありますよね。

ひとつは、人は自分が選んだ言葉によって、自分自身の気持ちや行動が前向きになることもあれば、停滞することもあるということ。

もうひとつは、人は発した言葉で、周りに印象を与えます。どんな言葉をつかう人なのかというところから、どういう人なのかというイメージを作られるということ。

藤井貴彦アナウンサーは、発信者として言葉を意識して選び、放送のなかできちんと伝えるという行動によって、二つの側面の両方から藤井アナという人を作られていると感じました。

 

私たちは、使う言葉を自分で選ぶことができます。無意識だったり、反射的だったりして、選ばされていると思っても最終的にそれを使うことを選んでいるのは自分です。

そう考えたとき、自分の言葉が気になりました。

言葉に気をつけることは、言葉に機をつけることなんだなぁと思います。

いい兆しをつけられるようにしていきたいです。

f:id:hatesatecomin:20200423181520j:plain

 

 

最後に、今日4月23日の藤井アナウンサーの言葉です。

 

「この週末に外出を考えていらっしゃる方もいるかもしれませんが、特に買い物に対するマナーが求められています。どうぞ少人数で距離をとって回数を減らしてください。

もちろんお客様は神様ですから、生活を支えてくれる店員さんにも”神対応”でお願いします」

 

 

それでは、また!!

 

 追悼 

女優の岡江久美子さんが新型コロナウィルス肺炎で亡くなられました。

はつらつとした笑顔が印象的で、こんなお母さんが家にいたら明るくていいだろうなぁと思っていました。まだお若いのにとてもショックです。ご冥福をお祈りいたします。