ダッシュテーション

カフェとダンスとオタ活と。まるで想像しなかった30代を過ごしている独身㊛のブログです。

無知の恥・・・

こんにちは、コミンです。

 

先日、緊急事態宣言延長したから求職します!!宣言したコミンでございますが。

 

www.hatesatec.net

 早速、期間限定案件に応募しまして、GW明け7日(金)に派遣会社から折り返し連絡がありました!!

これは、応募案件の詳細や勤務条件の説明があり、応募の意志について最終の確認をするための電話で、派遣会社を通して応募する際には必ずある手順です。

募集内容と詳細条件に差異がなく、正式に応募の意志ありとお伝えしようとしたところで、ふと気になったことがありました。

私は、休業状態のカフェで社会保険に加入してしまっているので、脱退しなくてはいけないのではないかと思ったわけです。

手続きは、会社にお願いすることになりますが、カフェのほうが10日締めの契約なので、5月10日まではカフェのほうで加入している状態になるが問題ありませんか?とお伺いしたところ、対応してくれていた若い女性(お声の感じがお若い!)が明らかに戸惑ったのを感じました。

保留中に流れるミュージックをしばらく聞いた後・・・

「申し訳ございません。現在社会保険に加入されているということは、雇用保険にも加入されているかと存じます。今回の案件につきましては、現在雇用保険に加入されている方は対象外となります」

オーマイゴッド!!

f:id:hatesatecomin:20200508212244j:plain

私は受話器を持ったまま大赤面です!!無知の恥!!

「そ、そ、そうなんですね!!すみませんっ!よくわからずに応募してしまって・・・

コロナの影響で急に休業になってしまったので、期間限定のお仕事を探していたんです」

と聞かれていないことまでしゃべり、とにかく平に平に謝罪を致しました。

電話を切ったあと、速攻、雇用保険の該当事由を検索したところ

●1週間の所定労働時間が20時間以上であること
●31日以上の雇用見込みがあること
31日以上雇用が継続しないことが明確である場合を除き、この要件に該当することとなります。
例えば、次の場合には、雇用契約期間が31日未満であっても、原則として、31日以上の雇用が見込まれるものとして、適用されることとなります。
雇用契約に更新する場合がある旨の規定があり、31日未満での雇止めの明示が
ないとき

雇用契約に更新規定はないが、同様の雇用契約により雇用された労働者が31日以上雇用された実績があるとき

                     <厚生労働省HPより引用>

 今回私が応募しようとした案件が、週20時間以上に該当するため、雇用保険に加入するお仕事になるため、すでに雇用保険に加入している場合は応募対象外となったようです。雇用保険の加入手続きは、雇い主側がおこないますが、自分が雇用保険に入っているかどうかを知りたい場合には、ハローワークで確認できるようですよー。

 

 

雇用保険制度は、失業したときの再就職支援、失業・育児・介護・定年後雇用等によって収入が減少する労働者の生活を支援することを目的とした制度です。

失業した場合や収入が減った場合に、もちろん条件はありますが、「基本手当(失業給付)」や「高年齢雇用継続基本給付金」「育児休業給付金」「介護休業給付金」などを受けることができます。

また、条件に合う教育訓練を受けた場合にも「教育訓練給付金」を受けることができるので、例えばこの期間に仕事と関係のあるような資格の勉強をしたりするときには、これに該当すれば費用の一部を、給付金として受け取れるかもしれません。

関係があるかもしれない場合には、

ぜひ一度確認してみてください。

 

 

というわけで、私がこの期間に働くことができるのは、単発バイトかな・・・カフェを退職すれば別ですけど・・・それは、ちょっと・・・あの店好きだし。

政府の「緊急小口資金」申込の可能性出てきましたな。

よぉ―――――しっ!

まずは1円単位までガッチリ収支計算からだ!!

 

それでは、また!!