ダッシュテーション

カフェとダンスとオタ活と。まるで想像しなかった30代を過ごしている独身㊛のブログです。

12日目:「どうしてうまくいかないのだろう」に疑問をもってみる

2020年10月28日


コロナウィルスの影響で、ダンスクラスのインストラクターのお仕事がなくなりました。10年以上続けさせていただき、たくさんの子供たちと出会い見送りましたので、とても寂しいです。
本体であるクラブは存続していくとの事で、それはよかったなと思います。
このお仕事が土日に入っていて、それを軸に派遣の仕事をしたり、アルバイトをしたりしていたので、私としては主軸を失ったような気持ちです。
正直、かなり落ち込みました。
しばらくどうしたらいいかと考える気力もなく、目の前にあるアルバイトのお仕事を懸命に勤めました。
しかしこちらもコロナの煽りを受けて営業利益が落ち込んでいることもあり、この先一年間の時給は据え置きになりました。
ここではたと気づきます。
カフェの仕事は好きですが、この時給をメインにしておいても生活していけない。
実際、8月以降はバイトを掛け持ちして、月に1~2日のお休み、週に2-3はダブルワークで7時から21時半まで働いて、やっと収支が合うというところした。国から借りた休業期間中の生活費の返済も始まりますし、それよりなにより体がキツくて持たないと感じたのです。


「どうしてうまくいかないのだろう」
この言葉を何度頭のなかで考えたことでしょう。
百は考えたでしょうか。いや、もっとかな。
そうやってグルグル考え続けてきて、ふと、思ったんです。
「どうしてうまくいかないのだろう」って、それ本当?
確かに残念だし寂しい。
今から新しい仕事を探すなんて、自信がないし億劫だしちょっとコワイ。環境に慣れるのも、人間関係を構築するのも大変だ。
でも、だ。
10年かけて作ってきたクラスのやり方は、私の中に残っている。もし機会を得られたら、または自分で作れれば、またクラスをすることはできる。
すぐにでも!その自信は私の中に残っている。
新しい仕事はきっと私の好奇心に火をつけるだろうし、新しく出会う人々のなかにはとても気が合う人や、憧れるような人もいる可能性もある。
慣れるのに時間がかかるのは、わかりきっていることだから心配するだけ無駄だ。
これまでの人間関係を失うわけじゃない。
新しい世界はプラスされることはあっても、これまでに作ってきたものを削ることはない。


無理やりくさいところはあるけれど、こう考えてみたら、ちょぅっとだけ、手を伸ばして見ようかなという気になった。


それに、だ。
私個人の経済は困窮しているわけで、まぁ、やるしかないというのが1番大きな事実である。