ダッシュテーション

カフェとダンスとオタ活と。まるで想像しなかった30代を過ごしている独身㊛のブログです。

17日目:マンモグラフィでひっかかりました

2020年11月2日

 

先日受けた健康診断の結果が届きました。

マンモグラフィで要精密検査。

理由は「局所的非対称性陰影」。何のことだかさっぱりわからなかったので、ネットで検索。

 

https://www.ihc.or.jp/seimitu/breast_cancer

 

局所的非対称性陰影(FAD)とはマンモグラフィ検査で左右比べた時に部分的に非対称に見られる所見です。マンモグラフィだけを受けて「局所的非対称性陰影(FAD)」と指摘された方は、実際にしこりがあるのか、あたかもしこりがあるように見える場合なのかを、超音波検査、もしくはマンモグラフィ検査をもう一度撮り判断することがあります。

 

https://www.keihin.or.jp/checkup/191/

局所的非対称性陰影
しこりや乳腺とは言い切れないもので部分的に片方だけみられる濃い陰影です。
病変が隠れていることもあります。

 

https://breast-imaging.mri-mri.com/wp/%E5%B1%80%E6%89%80%E7%9A%84%E9%9D%9E%E5%AF%BE%E7%A7%B0%E6%80%A7%E9%99%B0%E5%BD%B1%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F/


 局所的非対称性陰影(“FAD”とも言う)は、“正常乳腺の一部かも知れないけど、しこりの可能性もあるかな?”という所見です。マンモグラフィ画像には、正常乳腺組織(白)と脂肪組織(黒)がまだらに存在し(ほぼ白、ほぼ黒の方もいらっしゃいますが)、しこりも白いので、正常乳腺組織の一部が一見しこりっぽく見えることがあります。

マンモグラフィは乳房を薄くのばして圧迫して撮影しますので、どうしても一部重なりが強くなってしまう場合や、もともと乳腺に左右差がある方も多いですので、マンモグラフィを撮るたび毎回要精査になって、精密検査で毎回問題ないと言われている患者さんもおられます。

このように、局所的非対称性陰影のほとんどは問題ないですが、指摘された場合は必ず超音波検査を受けて確認してくださいね。

 

とのこと。なるほど。

エコー取りに行かないとですね!